シミ肌に卒業しま専科

そばかすは生まれつきタイプと大人になってから出来るタイプがある

顔をくすんで見せたり、老け顔に見せるシミは、30代以降の女性の悩みの第1位です。頬の辺りにできる丸い茶色のシミ「老人性色素斑」で悩む女性はとても多いのですが、顔の中心部に点々と広がるそばかすで悩んでいる人も多くいます。

 

 

そばかすもシミの仲間

 

 

そばかすは、鼻を中心の目の周りや頬にかけて小さな茶色の点々が広く点在します。そばかすも「シミと同じように顔に薄い茶色の部分がある」という点では同じですが、シミは紫外線などの影響を受けて後天的理由で出来るものですが、 そばかすは「なりやすい体質」が遺伝する先天的理由で出来ます。

 

 

出来る理由が後天的なのか先天的なのかの違いだけで、茶色の色が出てくるのはシミもそばかすもメラニン色素の影響です。

 

 

メラニン色素が表皮でたくさん生産され、皮膚の新陳代謝で肌の外に排出されなかったメラニンが、表皮にどんどん蓄積されて出現します。

 

 

シミは紫外線などの後天的な理由でメラニン色素が蓄積して現れるもの、そばかすは先天的理由でメラニン色素が蓄積して現れるもの。

 

 

これがシミとそばかすの違いと共通点です。

 

 

幼少期に出来るそばかす

 

子供の頃に出来たそばかすは自然に消えることが多い

 

 

そばかすが出来やすい体質が遺伝した場合の多くが、幼少期の頃からそばかすが出現します。そして思春期の頃にそばかすが濃くなるものの、大人になるつれて自然と薄くなって消えていきます。

 

 

子供の頃に出来たそばかすが消えずに残ることもある

 

 

幼少期の頃に出たそばかすの大抵は自然と消えてなくなるのですが、それに後天的理由が重なった場合、そばかすが大人になっても残ってしまうことがあります。

 

 

高校生など思春期の時にそばかすが目立つと気になりますよね。シミ・そばかすに効くと書かれている美白化粧品はドラッグストアに行けば簡単に手に入ります。そばかすを消したいと美白用洗顔で毎日ゴシゴシと洗顔をしたり、肌がピリピリするのに美白用化粧水を毎日使い続けたりすると、肌に炎症が起こってメラニン色素が増え、その結果、消えるはずだったそばかすが残るものに変わってしまうことにあります。

 

 

また、そばかす体質の肌を守る為にメラニン色素が大量に生成されやすいため、日焼け対策をせずに紫外線を浴び続けると、メラニン色素を溜め込んでしまうことになります。これもまた、そばかすを残りやすいものにしてしまいます。

 

 

このように紫外線や炎症など、後天的理由が加わったことによって、子供の頃のそばかすが大人になっても消えずに残ってしまうことになるのです。

 

 

大人になってからそばかすが出来ることも

 

 

子供の頃にそばかすが出来たことがないのに、大人になってからそばかすが出るということもあります。

 

 

これは元々そばかす体質だったけれど、子供の頃には症状は出ず、紫外線などメラニン色素が増える要因を抱えたことによって、大人になってからそばかすが発症したというケースです。

 

 

「親にはそばかすはあったけれど、私には遺伝しなかったわ〜」と安心して、紫外線などに無防備になっていたら、メラニン色素が長い年月を経て蓄積していき、眠っていたそばかす体質が目覚めてしまったということですね。

 

 

そばかすを自分で消す方法

 

思春期のそばかすの場合

 

 

いつかは消えてなくなると仮に分かっていても、年頃なので気になって仕方ないもの。

 

 

その場合は、今あるそばかすを大人になっても消えないタイプにさせないためにも、日焼け止めで紫外線対策だけはキチンとしておきましょう。

 

 

そして、おすすめなのがビタミンCをたくさん摂取することです。ビタミンCにはメラニン色素を排出する作用や、メラニン色素を蓄積させないようにする作用、炎症を抑える作用、皮膚の新陳代謝を良くする作用など、美肌には欠かせない作用がたくさんあります。

 

 

ビタミンCは体のあらゆる場面で必要とされる重要な栄養素なので、しっかりと多目に摂るようにしたいですね。

 

 

手軽るなのはハイチオールCなどのように、子供からでも飲めるシミ・そばかすに効くサプリメントもあります。

 

 

子供のうちからサプリメントを常用するのではなく、食事から不足してるな〜と思った時に、補助的に使うというのもよいかもしれませんね。

 

 

大人のそばかすの場合

 

 

大人になっても消えないそばかす、大人になってから出来たそばかすの場合は、紫外線や炎症などの影響でメラニン色素が蓄積したことが原因なので、蓄積したメラニン色素を排出する手助けをしてあげましょう。

 

 

そこでお勧めなのが、美白化粧品です。美白に有効な成分は色々とありますが、中でもよりお勧めなのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体には以下のような働きがあります。

 

・ターンオーバーを促進させる
・皮脂を抑える
・炎症を鎮める
・皮膚のサビ付きを防ぐ
・メラニン色素が出来るのを防ぐ
・メラニン色素を排出する
・メラニンで変色した肌を元の色に戻す

 

 

このようにビタミンC誘導体には、美肌環境を整える役割だけでなく、シミの原因となるメラニン色素を薄くする役割も担う万能な美容成分なのです。

 

 

普段使っている化粧水や美容液をビタミンC誘導体配合のものに変えて、毎日コツコツとお手入れするといいですね。

 

 

それでも消えない場合

 

 

ビタミンC誘導体よりも更に強く作用する美白成分があります。それがハイドロキノンです。

 

 

ビタミンC誘導体は黒くなったメラニン色素を元の肌の色に少しずつ戻していく作用があるのですが、ハイドロキノンは白く漂白する作用があります。

 

 

洗濯物でも漂白剤の量を間違えると、シミ汚れだけが落ちるのではなく、服の色まで白く抜け落ちてしまいますよね。

 

 

肌でそんなことが起きてしまっては大変なので、厚生労働省は副作用の心配がなく安心して使える配合量を定めています。

 

 

それが市販品の場合、2%です。

 

 

病院で処方されるハイドロキノンは4〜5%のものが多いのですが、これは医師の指導と経過観察の元で使われます。市販品の場合は、自分の管理下で使われるものなので、安心安全なところで2%と定められているのです。

 

 

市販品の中には2%を越えるものもありますので、副作用の心配をせずに安心して使うためにも、ハイドロキノン商品を試す場合は、含有濃度に気を付けて購入するようにしましょう。