シミ肌に卒業しま専科

原因は紫外線だけじゃない!炎症が原因のシミ、炎症性色素沈着とは?

皮膚で炎症が起こるとシミになることも

 

シミと言えば、頬骨の辺りにいつの間にか出来ている茶色く丸い物が多いですよね。これは紫外線を浴び続けたことが原因で出来る老人性色素斑というものなのですが、シミの中には、皮膚が何らかの炎症を起こして、それが元となりシミが出来る炎症性色素沈着があります。

 

「何らかの炎症」には、一過性のものと慢性の物とがあり、一過性の炎症で起こったシミは放置していても自然と消失するものが多く、慢性の炎症で起こったシミは比較的に残りやすい傾向にあります。

 

一過性の炎症と慢性の炎症。どういう原因で色素沈着してシミになるのかを見ていきましょう。

 

炎症性色素沈着になる一過性の炎症とは

 

上述の通り、炎症性色素沈着には「一過性の炎症によって」で発生するものと、「慢性の炎症によって」発生するものとがあります。

 

一過性の炎症とは、火傷やケガなどによる傷を指します。

 

・熱湯がかかったり、アイロンが当たるなどで軽い火傷をした
・転んで擦り傷が出来た
・虫刺されが痒くて掻きむしってしまった

 

日々の暮らしの中で良くあることですよね。その部分が小さな炎症を起こし、その炎症を抑える為に免疫機能が働いて活性酸素が多く集まります。集まった活性酸素は本来なら炎症を鎮める役割を果たすのですが、活性酸素は色素沈着を引き起こすメラニン色素を作るよう指示も出してしまうため、炎症が強ければ強いほど、たくさんのメラニン色素が作り出されて、炎症を起こした部分が茶色くシミになってしまいます。

 

しかし、これはある一定期間だけシミは存在し、皮膚細胞が新しく生まれ変わるターンオーバーのサイクルの間に気付けばいつしかシミは自然と消失していくので放置していても大丈夫なのです。

 

炎症性色素沈着になる慢性の炎症とは

 

ところが、慢性の炎症が原因の場合はシミは自然に消えずに残りやすくなります。

 

慢性の炎症とは、皮膚で慢性的に炎症が生じているもので、以下がそれに当たります。

 

・アトピーなどアレルギーが原因の皮膚炎
・にきびによる炎症
・肌の摩擦で生じる炎症

 

ダニやハウスダストなどのアレルゲンが原因で、湿疹やかゆみを引き起こすアレルギー性皮膚炎は、長期に渡り肌で炎症が起こっている状態が続きます。

 

ニキビも出来てはすぐに消えるタイプではなく、慢性的に額や頬にニキビが常に存在する場合は、常にそこがアクネ菌によって炎症している状態が続きます。

 

また、強い力でのフェイスマッサージや、コットンで入念にメイクを落としている場合は、肌がこすれる摩擦によって炎症が引き起こされるというのが習慣になってしまいます。カミソリで手や足の毛を習慣的に剃っている場合も、皮膚の下では小さな見えない炎症が起こっています。

 

これらの場合、常に肌が炎症状態を保っているため、炎症が収まらない限り延々とメラニン色素が作り出されることとなり、炎症部分がシミになったり、肌全体が茶色くくすんだようになったりするのです。

 

特にアトピーやニキビなどつい手で触って描き壊したりした場合は、アレルギーやアクネ菌などによる炎症による影響だけでなく、肌に傷が出来ることによって更に炎症の上塗りをしてしまいます。

 

こうなると自然治癒は難しく、元々の原因を対処していきながら、美白アイテムを上手に使ってシミを薄くすることになります。

 

 

炎症性色素沈着のシミに効果的な美白成分は?

 

では、どんな美白成分が炎症性色素沈着のシミに対して効果的なのでしょうか?

 

美白に効果のある成分は色々あるのですが、その中からお勧めの美白成分を3つご紹介します。

 

お勧めの美白成分@ プラセンタエキス

 

シミはメラニン色素が蓄積して出来るものなので、メラニンそのものが茶色に色付いたものだと思いがちですが、実はメラニンは最初は色を持たない「チロシン」という名前のアミノ酸として生成されます。

 

そのチロシンが、「チロシナーゼ」という酸化酵素によって黒く変色させられ、メラニン色素と名前や姿を変えられてしまうのです。

 

プラセンタエキスは、チロシンをメラニン色素に変えてしまうチロシナーゼに直接働きかける成分です。色素を持たないチロシンが黒色化したメラニン色素に変化させられなければ、シミが出来ずに済むではないかという考えです。

 

また、プラセンタエキスは乱れたターンオーバーを正常に戻す役割も担います。ターンオーバーが正常であれば、仮にメラニン色素が出来てしまっても、皮膚細胞の生まれ変わりによって、やがては分解されて剥がれ落ちていくので蓄積されることはありません。

 

チロシナーゼに働きかける・ターンオーバーを正常にするという2つの点において、炎症によってできた一時的なシミを作らせない、または早く排出させるという効果を発揮します。

 

 

お勧めの美白成分? ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは美肌に良いことで知られている栄養素ですよね。でも、ビタミンCそのままでは肌へ浸透する力を持たない為、肌に浸透しやすく、且つ変質しにくいように改良されたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体も、プラセンタエキス同様にターンオーバーを促進させる働きがあります。そして、プラセンタエキスには無い働きが、メラニン色素の還元化です。還元化とは「元の状態に戻す」ということ。

 

チロシナーゼによってチロシンがメラニンに変化していくのですが、いきなりドンと黒くなるのではなく、段階を経て徐々に黒くなっていきます。その途中段階に作用して、黒くなりつつあるものを元の色に戻していきます。その結果、シミを薄くすることができるというわけです。

 

 

お勧めの美白成分B ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、色々ある美白成分の中で最も効果の高いものになります。プラセンタエキスのように、チロシナーゼを抑制してチロシンをメラニン化させないようにすると同時に、出来てしまったメラニン色素に直接働きかけて色を薄くする作用があります。

 

ビタミンC誘導体は、黒色化していく途中段階で還元化しますが、ハイドロキノンは完成したメラニン色素をざっくり言ってしまえば「漂白」するのです。

 

「漂白」って言葉が強いですよね。それだけ注意して使わなければ副作用が出る可能性もあるということです。

 

ハイドロキノンは皮膚科の治療で使われるぐらい作用の強い物です。医療用のハイドロキノンは4〜5%になりますが、市販品では厚生労働省は2%までと定めています。それ以上は個人の判断で使うには副作用の心配があるということですので、市販品の中には2%以上のハイドロキノン化粧品もありますが、2%以下の皮膚科医が監修して作られたドクターズコスメを選ぶようにしましょう。