シミ肌に卒業しま専科

年齢が若くて顔にシミがまだ出てきていない時は、シミのことを気にしながら生活することは、よほど美容に関心の高い人でなければ無いですよね。でも、シミというものは皮膚の奥でジワジワと知らない間に育っていき、肌に現れた時に退治しようと思っても根付いてなかなか取れません。

 

 

そんなシミ、どうにか自分で対処できないのでしょうか?

 

 

シミと言えば美白化粧品ですが

 

 

さぁ!シミをどうにかやっつけたい!という時にまず思い付くのが、美白化粧品ではないでしょうか。

 

 

薬局やスーパーなどの化粧品コーナーに行けば、どれを選んだらいいのか分からないぐらい色んなメーカーが色んな美白製品を販売しています。洗顔フォーム・化粧水・乳液・美容液・パック・ファンデーションなど本当に色々あり、シミを消すには全部「美白」と書かれている物にした方がいいのか、どれが一番良いのか悩みどこです。

 

 

これらの中で、とりあえず美白製品を試してみるならコレ!というのであれば、美白美容液になります。

 

 

しかし、いくら毎日美白美容液を頑張って塗り続けても、あることがキチンと出来ていなければ無駄になることになります。

 

 

そのあること言うのは・・・。

 

 

毎日のスキンケア、きちんと出来ていますか?

 

 

何事もですが、基礎(土台)がしっかりしていなければ、その上に何を積み上げても元から崩れてしまいますよね。

 

 

それと同じで、肌の水分が不足して乾燥肌になっていると、肌の持つ新陳代謝機能が正常に働かないので、美白美容液をどんなに頑張って塗り続けても、十分な効果を得ることができません。

 

 

表皮細胞はセラミドという物質が細胞同士をくっ付けあうことで、水分が蒸発しないように蓄え、肌をツルプヤにして外的刺激から肌を守ったり、古い皮膚細胞を新しい皮膚細胞に入れ換えるターンオーバーを働かせています。

 

 

ところが、肌のお手入れが不十分でセラミドが不足してしまうと、表皮細胞同士の結び付きが弱くなり、出来た隙間から水分がどんどん蒸発していきます。そして外的刺激にやられ、肌荒れやシミができやすい環境に変化してしまいます。

 

 

そして、ターンオーバー機能も低下する為、シミが新しい皮膚と入れ替わるのにかなりの時間を要したり、日々受ける紫外線の影響をモロに受け、新しいシミ予備軍を作り出してしまうのです。

 

 

シミを消すにはまず保湿!

 

 

例え高価な美白美容液であっても、肌の土台がこんな状態では、せっかくの美白成分が十分な力を発揮することができません。シミを消すためにも、毎日、しっかりと保湿することが大切です。

 

 

ビタミンC誘導体の化粧水を使う

 

 

シミが出来ている肌には、ビタミンC誘導体が配合された化粧水がおすすめです。

 

 

ビタミンC誘導体は、美肌に最適なビタミンCが肌に吸収されやすいよう形を変えられた成分で、シミの原因となる活性酸素を除去したり、シミを元の肌色に戻そうとする働きがあります。化粧水に配合されている美肌成分は、ヒアルロン酸やプラセンタなど色々ありますが、これらは肌の新陳代謝を良くする作用はあっても、シミそのものをどうにかしてくれるわけではありません。シミがまだ表に出てきていない場合は、他の美容成分配合の化粧水で良いですが、シミが出てきてしまった場合は、肌のターンオーバーを促進させ、なおかつシミにも作用するビタミンC誘導体配合の化粧水を使いましょう。

 

 

お風呂上がりや洗顔後は、化粧水をたっぷり手のひらに取り、肌に与えてあげましょう。コットンに含ませて顔に乗せたまま放置したり、シートタイプの化粧水をいつまでも乗せたままにしておくと、コットンやシートが皮膚に与えたはずの水分を逆に吸い取ってしまいます。また、手のひらでパンパンを叩くように化粧水を付けたりすると、パンパンが刺激となり炎症性色素沈着になったりして逆効果です。

 

 

化粧水は手のひらで、水分を肌の奥に押し入れるようなイメージで優しく押すように塗りましょう。

 

 

セラミドやヒアルロン酸配合の美容液を使う

 

 

せっかく水分をしっかり与えてあげたのに、その後何もしなければ与えた水分が蒸発して出て行ってしまいます。

 

 

水分を保持するために必要なセラミドは、年齢を重ねるにつれて減っていくものなので、外側から強制的に補ってあげる必要があります。肌に潤いを維持させる役割を持つセラミドやヒアルロン酸などが配合された美容液を使って、水分が逃げない様にしましょう。セラミドやヒアルロン酸が配合されたものは美容液じゃなくて化粧水もあるじゃない!と思うところですが、化粧水って実は大半が水で出来ています。水の中に少し美容成分が含まれているだけなので、化粧水は液体状になっているんですね。

 

 

テクスチャーがとろみのある美容液であればあるほど、美肌成分が高濃度配合されているので、化粧水の後は美容液で水分蒸発を防ぎ、肌のうるおい機能を保持できるようにしてあげましょう。

 

 

美白製品をスポット的に使う

 

 

化粧水や美容液で皮膚の状態を整えてあげた状態で、美白製品をシミのある部分にスポット的に使いましょう。

 

 

美白成分には、色々な種類があり、効果を発揮する場面に違いがあります。

 

 

メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素を阻害するもの、メラニン色素を作るよう指令を出す物質(エンドセリン)を阻害するもの、チロシナーゼ酵素そのものが作られない様に作用するもの、出来たメラニン色素を還元化する作用、というようにメラニン色素が出来上がる途中段階の、どこでメラニン色素が出来ない様ストップさせるかという違いです。

 

 

チロシナーゼ抑制効果のある美白成分

 

アルブチン・エラグ酸・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・トラネキサム酸・リノール酸・ハイドロキノン

 

エンドセリン抑制効果のある美白成分

 

カモミラET

 

メラニン色素を還元化する美白成分

 

ビタミンC誘導体・ハイドロキノン

 

 

美白成分のほとんどが、メラニン色素が出来る手間でストップをかける作用なので、シミ予備軍を本格的なシミに育てないために、今ある以上シミを増やさない為には効果を発揮してくれます。シミがボチボチ出始める30歳より若いうちから、日常的に美白成分が含まれている化粧品を使うことで、シミを予防することができます。

 

 

しかし、すでに出てしまっているシミに関しては、ビタミンC誘導体かハイドロキノンの美白成分が有効です。
上記を見て頂くと分かるよう、ハイドロキノンとビタミンC誘導体は、チロシナーゼ抑制効果を持ちつつ、メラニン色素を分解して排出する力を持つ美白成分です。

 

 

どちらも敏感肌の人にとっては刺激に感じることがあるかもしれません。その為にも、基礎の保湿ケアをきちんとして肌のバリア機能を正常化した上で、まずは刺激の小さいビタミンC誘導体の美容液をシミの部分にだけスポット的に使ってみましょう。

 

 

美白アイテムはある人には効果があったけど、ある人には余り効果が表れなかったというように、効く効かないに個人差があります。肌に刺激を感じることなく、なおかつ効果を感じられる美白商品で出会う為に、まずはトライアルセットでお試ししてみると良いですね。それで良さそうだと思った商品を3か月は根気よく続けて使うようにしましょう。

 

 

シミを消すのには根気が必要です。

 

 

シミは出てくるまでに年数を要して現れるので、消えてもらうためにはそれなりの時間が必要です。「これ、効かないんじゃないの?」とアレコレ商品を取り換えるのではなく、まずはじっくり1つの美白商品と付き合うようにしましょう。

 

 

続きを読む≫ 2017/04/09 15:26:09

10代の頃はシミのことなんて頭になくて、海や山など日に焼けます!っていう時ぐらいしかキッチリと日焼け対策をしてこなかった。そしたら、そのツケを20代後半から30代にかけて感じるように・・・。

 

 

いかに早いうちから美肌に関心があるかどうかが、30代40代と年齢を重ねていった時にシミに苦労するかしないかが決まります。

 

 

日焼け止めは正しい量を塗る

 

 

10年20年前と比べると紫外線の害は広く知られるようになってきたので、日焼け止めを塗ることは定着してきたと思います。

 

 

でも、せっかく日焼け止めを塗っても、朝一度塗っただけで塗り直しをしなかったり、一度に塗る量が少なすぎたりすると、日焼け止めの効果を十分に得ることができません。

 

 

日焼け止めを顔に塗る場合の適量は、クリープタープの場合は「パール2粒分」で、乳液タイプの場合は「500円玉大」を顔全体に塗るようにしましょう。

 

 

顔でシミが一番出来やすいのが頬骨の辺りなので、その部分は日焼け止めを更に重ねて塗るようにしましょう。そして、日焼け止めは時間の経過とともに皮脂や汗と一緒に落ちてしまうので、2時間起きに塗り直すようにしましょう。

 

 

化粧をしている場合の日焼け止めの塗り直しですが、ティッシュで顔に浮いている皮脂や汗を優しく取り、UV効果のある化粧下地+ファンデーションで化粧直しをしましょう。

 

 

化粧が厚塗りになりそうで嫌だったり、メイク直しの時間がない場合は、UV効果のあるファンデーションだけでも上から付け直すようにしましょう。

 

 

曇りの日でも日焼け止めは忘れずに

 

 

紫外線は晴れの日がもちろん一番降り注いでいる量が多いのですが、曇りの日や雨の日でも降り注いでいます。

 

 

晴れの日の紫外線量を10割りとした場合、曇りの日は6.5割り、雨の日は2割りの紫外線があります。つい曇りだと油断してしまいがちになりますが、曇りでも晴れの日の65%もの紫外線量があるので、曇りの日でも忘れずに日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

 

家の中にも紫外線は届きます

 

 

今日は一日外に出ない!という場合、日焼け止めを塗らない人の方が多いのではないでしょうか?

 

 

紫外線にはA波・B波・C波の3種類がありますが、C波はオゾン層に吸収されるので地上まで到達することはありません。したがって、注意しなければならないのは、A波とB波です。

 

 

日に焼けたら肌が赤くなったり、水膨れができたりしますよね。これはB波の影響で、B波はとてもエネルギーが強く一気に肌にその影響が現れるのが特徴です。その反対にA波はエネルギーはB波と比べると非常に弱いものの、ジワジワと肌の奥の方にまで到達し、肌のハリツヤを維持するのに大切なコラーゲンを老化させたり、細胞の遺伝子を破壊してガンを誘発させたりもします。

 

 

B波は雲やガラスを通過しにくいので、曇りの日に日に焼ける量は少なく、家の中にいるだけで日に焼けたとういこともありません。しかし、A波は曇りの日でも照射量は減らず、しかもガラス窓も通り抜けて届きます。そして、全体の紫外線量を比較すると、日光の中に含まれる紫外線量は、B波よりもA波の方が10〜100倍も多いと言われています。

 

 

このことから考えても、窓をすりぬけ肌の奥までジワリジワリと影響を及ぼすA波という紫外線が存在する限り、外出しないという時でも最低限の日焼け止め対策は必要であるということが分かるかと思います。

 

 

外出時間が短いからと侮ってはいけない

 

 

洗濯物を外に干す10分の間だから、ちょっとそこまで買い物にいくだけだから。こんな短い間でも紫外線の影響は確実に受けてしまいます。

 

 

紫外線の影響を溜め込むタンクの大きさは人によって異なります。タンクの小さい人はなるべく紫外線を浴びないようにするのがベスト。でも、自分のタンクが大きいのか小さいのかは分からないので、少しの時間でもきんとUV対策をするようにしましょう。

 

 

焼け止めの正しい選び方

 

 

いかに普段の紫外線対策が大切なのかが分かったかと思います。しかし、使用量が少なかったり、シーンにあってないものを使うと十分な効果が得られません。

 

 

日焼け止めにはSPF値とPA値の表示があります。

 

 

SPF値は、紫外線B波をカットする力を SPF2〜50 で数値化したもの
PA値は、紫外線A波をカットする力を +〜+++ で数値化したもの

 

 

日焼け止めを選ぶ時はSPFの値だけに目がいきがちですが、肌の奥の方まで影響を及ぼしてしまうのは紫外線A波の方なので、PA値も気にして選ぶようにしましょう。

 

 

海や山などのアウトドアで長時間強い日差しの下で活動する場合は、SPF値が50以上でPA値は+++のモノがお勧め。
普段の生活で使う場合は、SPF値が20以上でPA値は++のモノを使うようにしましょう。

 

 

日焼け止めはノンケミカルタイプがおすすめ

 

 

普段の生活から日焼け止めを常用した方が良いということが分かりましたが、ドラッグストアなどお店に行くと多種多用の日焼け止めが売られていて、どれを購入しようか迷うところです。

 

 

そこで日常使いに日焼け止めを購入する場合は、「ノンケミカル」もしくは「紫外線吸収剤不使用」と書かれてあるものを選びましょう。

 

 

紫外線吸収剤というのは、日焼け止め商品に配合される日焼け止め効果のある成分です。紫外線を吸収する化学物質を配合し、紫外線の害から肌を守ろうという意図があるのですが、紫外線を吸収する時に肌の上で化学変化を起こす為、肌に刺激になる人がいます。敏感肌の人は特にその症状が出やすくなるし、毎日使うものであれば出来るだけ肌に優しい物が良いですよね。

 

 

そこで、紫外線吸収剤を使わずに「紫外線散乱剤」という物質を配合し、紫外線を吸収して肌を守ろうとするのではなく、紫外線を鏡のように跳ね返して肌を守ろうという日焼け止めがあります。紫外線散乱剤は厚く塗ると粉っぽく顔が白浮きするという難点がありましたが、ノンケミカル傾向が強まるにつれ、その白っぽさも改良が重ねられてきています。

 

 

敏感肌の人や、毎日使うものであれば肌に優しいものが良いという方は、日焼け止めや紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプを選ぶようにしましょう。

 

 

日焼け止めを化粧下地にしてしまおう

 

 

日焼け止めを常用する場合、それを化粧下地に使うのがおすすめです。

 

 

化粧下地にもUV効果のあるものが多くありますが、化粧品となると紫外線吸収剤が使われているものが多くあります。ノンケミカルタイプの化粧下地であれば良いのですが、そうでなければ、ノンケミカルの日焼け止めを化粧下地として使うと良いですね。日焼け止めだとベタついてファンデーションの乗りが悪くなりそうだなぁ〜という場合は、日焼け止めをクリームタイプではなく乳液タイプのものを選ぶと、ファンデーションも浮いたりよれたりしにくくなります。

続きを読む≫ 2017/03/26 13:59:26

顔をくすんで見せたり、老け顔に見せるシミは、30代以降の女性の悩みの第1位です。頬の辺りにできる丸い茶色のシミ「老人性色素斑」で悩む女性はとても多いのですが、顔の中心部に点々と広がるそばかすで悩んでいる人も多くいます。

 

 

そばかすもシミの仲間

 

 

そばかすは、鼻を中心の目の周りや頬にかけて小さな茶色の点々が広く点在します。そばかすも「シミと同じように顔に薄い茶色の部分がある」という点では同じですが、シミは紫外線などの影響を受けて後天的理由で出来るものですが、 そばかすは「なりやすい体質」が遺伝する先天的理由で出来ます。

 

 

出来る理由が後天的なのか先天的なのかの違いだけで、茶色の色が出てくるのはシミもそばかすもメラニン色素の影響です。

 

 

メラニン色素が表皮でたくさん生産され、皮膚の新陳代謝で肌の外に排出されなかったメラニンが、表皮にどんどん蓄積されて出現します。

 

 

シミは紫外線などの後天的な理由でメラニン色素が蓄積して現れるもの、そばかすは先天的理由でメラニン色素が蓄積して現れるもの。

 

 

これがシミとそばかすの違いと共通点です。

 

 

幼少期に出来るそばかす

 

子供の頃に出来たそばかすは自然に消えることが多い

 

 

そばかすが出来やすい体質が遺伝した場合の多くが、幼少期の頃からそばかすが出現します。そして思春期の頃にそばかすが濃くなるものの、大人になるつれて自然と薄くなって消えていきます。

 

 

子供の頃に出来たそばかすが消えずに残ることもある

 

 

幼少期の頃に出たそばかすの大抵は自然と消えてなくなるのですが、それに後天的理由が重なった場合、そばかすが大人になっても残ってしまうことがあります。

 

 

高校生など思春期の時にそばかすが目立つと気になりますよね。シミ・そばかすに効くと書かれている美白化粧品はドラッグストアに行けば簡単に手に入ります。そばかすを消したいと美白用洗顔で毎日ゴシゴシと洗顔をしたり、肌がピリピリするのに美白用化粧水を毎日使い続けたりすると、肌に炎症が起こってメラニン色素が増え、その結果、消えるはずだったそばかすが残るものに変わってしまうことにあります。

 

 

また、そばかす体質の肌を守る為にメラニン色素が大量に生成されやすいため、日焼け対策をせずに紫外線を浴び続けると、メラニン色素を溜め込んでしまうことになります。これもまた、そばかすを残りやすいものにしてしまいます。

 

 

このように紫外線や炎症など、後天的理由が加わったことによって、子供の頃のそばかすが大人になっても消えずに残ってしまうことになるのです。

 

 

大人になってからそばかすが出来ることも

 

 

子供の頃にそばかすが出来たことがないのに、大人になってからそばかすが出るということもあります。

 

 

これは元々そばかす体質だったけれど、子供の頃には症状は出ず、紫外線などメラニン色素が増える要因を抱えたことによって、大人になってからそばかすが発症したというケースです。

 

 

「親にはそばかすはあったけれど、私には遺伝しなかったわ〜」と安心して、紫外線などに無防備になっていたら、メラニン色素が長い年月を経て蓄積していき、眠っていたそばかす体質が目覚めてしまったということですね。

 

 

そばかすを自分で消す方法

 

思春期のそばかすの場合

 

 

いつかは消えてなくなると仮に分かっていても、年頃なので気になって仕方ないもの。

 

 

その場合は、今あるそばかすを大人になっても消えないタイプにさせないためにも、日焼け止めで紫外線対策だけはキチンとしておきましょう。

 

 

そして、おすすめなのがビタミンCをたくさん摂取することです。ビタミンCにはメラニン色素を排出する作用や、メラニン色素を蓄積させないようにする作用、炎症を抑える作用、皮膚の新陳代謝を良くする作用など、美肌には欠かせない作用がたくさんあります。

 

 

ビタミンCは体のあらゆる場面で必要とされる重要な栄養素なので、しっかりと多目に摂るようにしたいですね。

 

 

手軽るなのはハイチオールCなどのように、子供からでも飲めるシミ・そばかすに効くサプリメントもあります。

 

 

子供のうちからサプリメントを常用するのではなく、食事から不足してるな〜と思った時に、補助的に使うというのもよいかもしれませんね。

 

 

大人のそばかすの場合

 

 

大人になっても消えないそばかす、大人になってから出来たそばかすの場合は、紫外線や炎症などの影響でメラニン色素が蓄積したことが原因なので、蓄積したメラニン色素を排出する手助けをしてあげましょう。

 

 

そこでお勧めなのが、美白化粧品です。美白に有効な成分は色々とありますが、中でもよりお勧めなのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体には以下のような働きがあります。

 

・ターンオーバーを促進させる
・皮脂を抑える
・炎症を鎮める
・皮膚のサビ付きを防ぐ
・メラニン色素が出来るのを防ぐ
・メラニン色素を排出する
・メラニンで変色した肌を元の色に戻す

 

 

このようにビタミンC誘導体には、美肌環境を整える役割だけでなく、シミの原因となるメラニン色素を薄くする役割も担う万能な美容成分なのです。

 

 

普段使っている化粧水や美容液をビタミンC誘導体配合のものに変えて、毎日コツコツとお手入れするといいですね。

 

 

それでも消えない場合

 

 

ビタミンC誘導体よりも更に強く作用する美白成分があります。それがハイドロキノンです。

 

 

ビタミンC誘導体は黒くなったメラニン色素を元の肌の色に少しずつ戻していく作用があるのですが、ハイドロキノンは白く漂白する作用があります。

 

 

洗濯物でも漂白剤の量を間違えると、シミ汚れだけが落ちるのではなく、服の色まで白く抜け落ちてしまいますよね。

 

 

肌でそんなことが起きてしまっては大変なので、厚生労働省は副作用の心配がなく安心して使える配合量を定めています。

 

 

それが市販品の場合、2%です。

 

 

病院で処方されるハイドロキノンは4〜5%のものが多いのですが、これは医師の指導と経過観察の元で使われます。市販品の場合は、自分の管理下で使われるものなので、安心安全なところで2%と定められているのです。

 

 

市販品の中には2%を越えるものもありますので、副作用の心配をせずに安心して使うためにも、ハイドロキノン商品を試す場合は、含有濃度に気を付けて購入するようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/03/12 21:49:12

シミになるニキビとならないニキビ

 

ニキビの跡が赤色や赤紫、または茶色くシミとして残ることがあります。これはニキビが出来たら必ずシミとして残るわけではなく、跡になりやすいニキビとそうでないニキビがあるのです。

 

 

ニキビは、白ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビ・赤ニキビなどのように、ブツブツの色具合で分類されます。

 

 

白ニキビ

 

白ニキビは、出来立てホヤホヤのニキビです。これは、毛穴に汚れが詰まってしまい、そこが小さなプツプツになって肌に現れたもの。

 

 

ただ毛穴にメイクなどの汚れや皮脂が溜まっているだけなので、爪で潰そうとしたりしない限りシミになることはありません。

 

 

黒ニキビ

 

黒ニキビは、白ニキビが少し悪化したものになります。毛穴に詰まった汚れや皮脂が毛穴の中で固まりとなり、それが酸化して黒く見えている状態です。

 

 

しっかり丁寧に洗顔をするだけで、白ニキビ・黒ニキビは改善することが出来るので、無理やり手で潰したり、爪で角質を押し出そうとしないようにしましょう。手で触るとシミにならないはずだったニキビでも、ニキビ跡として残ってしまいます。

 

 

赤ニキビ

 

 

赤ニキビは、黒ニキビが悪化して炎症を起こした状態のものです。黒ニキビをケアせずにいると、毛穴に詰まったままの汚れや皮脂をエサにするため、
ニキビの原因菌であるアクネ菌が集まってきます。

 

 

そしてアクネ菌がたくさん集まってきたことで、黒ニキビが一気に炎症を起こし、黒かったニキビが赤ニキビへと変化するのです。

 

 

黄ニキビ

 

黄ニキビは、赤ニキビが更に悪化した状態のもので、赤ニキビの中央に白い膿のようなものが現れます。アクネ菌が集結して一気に炎症を起こした赤ニキビが、とうとう化膿するまで炎症を起こしてしまった一番酷い状態のニキビです。

 

 

おでこや顎にこの膿を持ったニキビが出来て、手でその膿をピュッと押し出した経験あるのではないでしょうか。膿を出した方が早く治るなんてことも聞いたことがあるようなないような。でも、この膿を押し出す行為が、一番治りにくい凸凹のクレーター状のシミを生み出してしまうので、絶対に手で押しつぶさないようにしましょう。

 

 

このように、白→黒→赤→黄の順番でニキビは悪化していきます。そして、ニキビ跡として残るのか残らないのかの境界線が黒ニキビです。黒ニキビが出来た段階で、しっかりとスキンケアが出来ていれば、シミとして残ることはありません。

 

 

 

ニキビ跡にも種類がある

 

ニキビが色別でタイプがあったように、ニキビ跡も3つのタイプに分類されます。赤みが残るタイプのシミ・茶色く残るタイプのシミ・陥没が残るタイプのシミの3つです。

 

 

赤みが残るタイプのシミ

 

赤ニキビや黄ニキビのようにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまった場合、体の免疫反応が働いて、そこに多くの免疫細胞を送り込もうと毛細血管が拡張します。アクネ菌を退治しようと集中してその部分の毛細血管が増える為、そこが赤くなって見えます。

 

 

炎症が比較的表皮の浅い部分で起こり、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)も正常の場合、ニキビが治れば、やがて新陳代謝によって赤いシミは何もしなくても消えてなくなります。

 

 

ところが、炎症が表皮の深い部分まで沈んでしまうと、ターンオーバーが正しく行われなくなり、ニキビは治っているのに、いつまでも赤みが消えてなくならないということになります。

 

 

また、炎症が表皮を通り越して真皮層にまで及んだ場合、血管が破れて血液が周りの組織ににじみ出ることがあります。
それが赤紫や赤黒っぽい色のシミとして残ることになります。

 

 

茶色く残るタイプのシミ

 

茶色く残るタイプのシミは、炎症が原因でメラニン色素が沈着して起こります。

 

 

アクネ菌によって炎症が起こると、アクネ菌による害から皮膚を守ろうとして活性酸素が多く発生します。そして活性酸素は表皮の基底層という場所にあるメラノサイトに「メラニンを作って肌を守るよう」指令を出し、メラノサイトでどんどんメラニンが生み出されます。

 

 

そして、炎症が表皮の下の真皮にまで及んでしまわない様、メラニン色素は大量に生成され、表皮と真皮の間で肌を守るガードの役割をしてくれます。

 

 

そして、役目を果たし終えたメラニンは、皮膚細胞の新旧入れ替わりによって、皮膚の外にメラニンが垢として排出されていきます。

 

 

ところが、紫外線の害にさらされたり、ストレスや睡眠不足など色々な原因により、肌のターンオーバー機能が低下していると、本来排出されるべきメラニンがいつまでも表皮にとどまってしまい、これが茶色のニキビ跡として残ってしまうのです。

 

 

陥没が残るタイプのシミ

 

陥没が残るタイプのシミは、ニキビの炎症がとても強く酷くなった場合、毛穴自体が損傷を受けてしまい、ニキビが例え治ったとしても、皮膚損傷が激しく元通りには戻らなくなります。これが、デコボコとした陥没タイプのシミとして残ってしまうのです。

 

 

ニキビ跡を治す有効成分は?

 

デコボコと陥没したクレーター状のニキビ跡は自分で消すのは非常に困難ですが、赤や茶色く残るタイプのニキビ跡であれば、自宅ケアで消すことは十分可能です。

 

ビタミンC誘導体

 

ニキビ跡を薄くするのに一番有効な成分は、ビタミンC誘導体です。ビタミンCと言えば、言わずと知れた美容には欠かせない栄養素。

 

  • メラニン色素の生成を抑える
  • メラニン色素を薄くする
  • 活性酸素を分解する
  • コラーゲンの生成を助ける
  • 抗炎症作用
  • 皮脂分泌を抑制する
  • ターンオーバーを整える

 

このようにビタミンCは万能な栄養素ですが、ビタミンCを口から摂取するよりも、直接肌から吸収させた方がより効果的です。

 

 

だからと言って、ビタミンCを豊富に含むアセロラジュースを化粧水の様に使ってもダメです。ビタミンCはそのままの状態では肌に浸透することができません。
そこでお勧めなのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体は、そのままの状態では肌に行き届きにくいビタミンCを、浸透しやすくしたもの。ニキビ跡を治したい場合は、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水や美容液を使うようにしましょう。

 

 

プラセンタ

 

ニキビ跡を消すのに効果的な美容成分はビタミンC誘導体ですが、一つ問題があります。それは超敏感肌の人には刺激になるかもしれないということです。
ビタミンC誘導体は皮脂分泌を抑制するので、乾燥肌の人が使った場合、更に皮脂が不足して乾燥が進行し、ビタミンC誘導体を塗った時に肌がピリピリするという人もいます。

 

 

どうしても肌に合わないという場合は、プラセンタもニキビ跡にはお勧めです。

 

 

  • ターンオーバーを整える
  • ホルモンバランスを整える
  • 新しい皮膚の再生を促す
  • 抗炎症作用
  • コラーゲンの生成を促す
  • 活性酸素を除去する
  • 保湿効果

 

 

このようにプラセンタもビタミンC誘導体と似たような美容効果があります。プラセンタとビタミンC誘導体の違う点は、沈着した色素を還元化(薄くする)するかどうかの違いです。その他は同党の役割を果たしてくれるので、プラセンタはビタミンC誘導体に次ぐ第二の選択肢と言えます。

 

 

ハイドロキノン

 

茶色く色素が沈着したタイプのシミには、美白成分の中で最も効果の強いハイドロキノンもお勧めです。ただし、注意点が2つあります。

 

 

まず1つ目の注意点は、ニキビとニキビ跡が混在している場合は、ハイドロキノンは使えません。ハイドロキノンは美白効果の非常に強い成分なので、ニキビが存在している場合、アクネ菌の炎症を更に悪化させてしまうことがあります。

 

 

顔にはニキビは存在せず、色素沈着したニキビ跡しかない。ビタミンC誘導体を試してみたけれど、それでも根深いシミが存在する。こういう場合であれば、ハイドロキノンは選択肢の一つとして挙げられるでしょう。

 

 

次に2つ目の注意点は、ハイドロキノンの含有濃度に注意するということ。ハイドロキノンは色素を漂白するという強い作用がある為、その分副作用の心配もあります。厚生労働省は副作用の心配がなく安心して使える限界を、市販品は2%までと定めています。

 

 

市販品の中には4〜5%という濃度の商品もありますが、安心して安全に使う為にも、ハイドロキノン含有率は2%以下で、なおかつ医師が監修して作られたドクターズコスメを選ぶようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/02/02 00:35:02

皮膚で炎症が起こるとシミになることも

 

シミと言えば、頬骨の辺りにいつの間にか出来ている茶色く丸い物が多いですよね。これは紫外線を浴び続けたことが原因で出来る老人性色素斑というものなのですが、シミの中には、皮膚が何らかの炎症を起こして、それが元となりシミが出来る炎症性色素沈着があります。

 

「何らかの炎症」には、一過性のものと慢性の物とがあり、一過性の炎症で起こったシミは放置していても自然と消失するものが多く、慢性の炎症で起こったシミは比較的に残りやすい傾向にあります。

 

一過性の炎症と慢性の炎症。どういう原因で色素沈着してシミになるのかを見ていきましょう。

 

炎症性色素沈着になる一過性の炎症とは

 

上述の通り、炎症性色素沈着には「一過性の炎症によって」で発生するものと、「慢性の炎症によって」発生するものとがあります。

 

一過性の炎症とは、火傷やケガなどによる傷を指します。

 

・熱湯がかかったり、アイロンが当たるなどで軽い火傷をした
・転んで擦り傷が出来た
・虫刺されが痒くて掻きむしってしまった

 

日々の暮らしの中で良くあることですよね。その部分が小さな炎症を起こし、その炎症を抑える為に免疫機能が働いて活性酸素が多く集まります。集まった活性酸素は本来なら炎症を鎮める役割を果たすのですが、活性酸素は色素沈着を引き起こすメラニン色素を作るよう指示も出してしまうため、炎症が強ければ強いほど、たくさんのメラニン色素が作り出されて、炎症を起こした部分が茶色くシミになってしまいます。

 

しかし、これはある一定期間だけシミは存在し、皮膚細胞が新しく生まれ変わるターンオーバーのサイクルの間に気付けばいつしかシミは自然と消失していくので放置していても大丈夫なのです。

 

炎症性色素沈着になる慢性の炎症とは

 

ところが、慢性の炎症が原因の場合はシミは自然に消えずに残りやすくなります。

 

慢性の炎症とは、皮膚で慢性的に炎症が生じているもので、以下がそれに当たります。

 

・アトピーなどアレルギーが原因の皮膚炎
・にきびによる炎症
・肌の摩擦で生じる炎症

 

ダニやハウスダストなどのアレルゲンが原因で、湿疹やかゆみを引き起こすアレルギー性皮膚炎は、長期に渡り肌で炎症が起こっている状態が続きます。

 

ニキビも出来てはすぐに消えるタイプではなく、慢性的に額や頬にニキビが常に存在する場合は、常にそこがアクネ菌によって炎症している状態が続きます。

 

また、強い力でのフェイスマッサージや、コットンで入念にメイクを落としている場合は、肌がこすれる摩擦によって炎症が引き起こされるというのが習慣になってしまいます。カミソリで手や足の毛を習慣的に剃っている場合も、皮膚の下では小さな見えない炎症が起こっています。

 

これらの場合、常に肌が炎症状態を保っているため、炎症が収まらない限り延々とメラニン色素が作り出されることとなり、炎症部分がシミになったり、肌全体が茶色くくすんだようになったりするのです。

 

特にアトピーやニキビなどつい手で触って描き壊したりした場合は、アレルギーやアクネ菌などによる炎症による影響だけでなく、肌に傷が出来ることによって更に炎症の上塗りをしてしまいます。

 

こうなると自然治癒は難しく、元々の原因を対処していきながら、美白アイテムを上手に使ってシミを薄くすることになります。

 

 

炎症性色素沈着のシミに効果的な美白成分は?

 

では、どんな美白成分が炎症性色素沈着のシミに対して効果的なのでしょうか?

 

美白に効果のある成分は色々あるのですが、その中からお勧めの美白成分を3つご紹介します。

 

お勧めの美白成分@ プラセンタエキス

 

シミはメラニン色素が蓄積して出来るものなので、メラニンそのものが茶色に色付いたものだと思いがちですが、実はメラニンは最初は色を持たない「チロシン」という名前のアミノ酸として生成されます。

 

そのチロシンが、「チロシナーゼ」という酸化酵素によって黒く変色させられ、メラニン色素と名前や姿を変えられてしまうのです。

 

プラセンタエキスは、チロシンをメラニン色素に変えてしまうチロシナーゼに直接働きかける成分です。色素を持たないチロシンが黒色化したメラニン色素に変化させられなければ、シミが出来ずに済むではないかという考えです。

 

また、プラセンタエキスは乱れたターンオーバーを正常に戻す役割も担います。ターンオーバーが正常であれば、仮にメラニン色素が出来てしまっても、皮膚細胞の生まれ変わりによって、やがては分解されて剥がれ落ちていくので蓄積されることはありません。

 

チロシナーゼに働きかける・ターンオーバーを正常にするという2つの点において、炎症によってできた一時的なシミを作らせない、または早く排出させるという効果を発揮します。

 

 

お勧めの美白成分? ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは美肌に良いことで知られている栄養素ですよね。でも、ビタミンCそのままでは肌へ浸透する力を持たない為、肌に浸透しやすく、且つ変質しにくいように改良されたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体も、プラセンタエキス同様にターンオーバーを促進させる働きがあります。そして、プラセンタエキスには無い働きが、メラニン色素の還元化です。還元化とは「元の状態に戻す」ということ。

 

チロシナーゼによってチロシンがメラニンに変化していくのですが、いきなりドンと黒くなるのではなく、段階を経て徐々に黒くなっていきます。その途中段階に作用して、黒くなりつつあるものを元の色に戻していきます。その結果、シミを薄くすることができるというわけです。

 

 

お勧めの美白成分B ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、色々ある美白成分の中で最も効果の高いものになります。プラセンタエキスのように、チロシナーゼを抑制してチロシンをメラニン化させないようにすると同時に、出来てしまったメラニン色素に直接働きかけて色を薄くする作用があります。

 

ビタミンC誘導体は、黒色化していく途中段階で還元化しますが、ハイドロキノンは完成したメラニン色素をざっくり言ってしまえば「漂白」するのです。

 

「漂白」って言葉が強いですよね。それだけ注意して使わなければ副作用が出る可能性もあるということです。

 

ハイドロキノンは皮膚科の治療で使われるぐらい作用の強い物です。医療用のハイドロキノンは4〜5%になりますが、市販品では厚生労働省は2%までと定めています。それ以上は個人の判断で使うには副作用の心配があるということですので、市販品の中には2%以上のハイドロキノン化粧品もありますが、2%以下の皮膚科医が監修して作られたドクターズコスメを選ぶようにしましょう。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/01/24 13:32:24

顔に丸いシミができる老人性色素斑とは

 

数年前に目尻の下あたりに薄く茶色の丸いシミが出来ていることに気付いてはいたものの、日々の事で忙しく、後で後でと後回しにしていたせいで、気付けばシミだとハッキリ分かるくらい色が濃くなり、しかも大きさも大きくなっていた。

 

こういう経験をされた方、私を含め結構おられるのではないでしょうか?

 

シミが突然ドン!と大きくなったのなら、「ヤバイ!」と強くシミを意識することができるはずですが、少しずつ少しずつ濃く大きくなっていくので、毎日鏡を見ていても、「どうにかしなきゃ!」と思うまでに結構時間がかかったりします。

 

このハッキリと顔に現れた丸いシミを、老人性色素斑と言います。別名、日光黒子とも呼ばれるシミで、紫外線を浴びて日焼けすることが原因で生じるシミです。

 

日焼けが原因なので、紫外線を浴びた人なら誰にでも出る可能性があり、シミの代表格とも言われる所以はここにあります。

 

 

老人性色素斑の原因と出来やすい年齢は?

 

老人性色素斑が顔に出始める年齢は、30代後半から40代の頃が一般的には一番多いと思います。

 

老人性色素斑は日焼けが原因です。とはいえ、1週間2週間前に思いっきり日に当たって日焼けしてしまった!というような、直近の日焼けで起こるものではありません。

 

5年前、10年前、20年前というような、昔の日焼けが原因です。昔の日焼けのダメージがどんどん積み木の様に積み重なり、そのダメージが許容範囲を超えて積み重なった時に、肌表面にシミとして現れます。

 

日焼けした時に大量に肌を黒く見せるメラニン色素が出来るのですが、加齢で肌の生まれ変わり機能が衰えていることで、
大量のメラニン色素はどんどん積み木のように表皮に蓄積されていきます。そして、肌に溜め込む容量をオーバーした時に、シミとなって肌表面に現れます。

 

これが老人性色素斑が出来るメカニズムです。

 

シミが表に現れるのにかかる年数は、人によって肌年齢が異なるのでまちまちです。日頃から基本的なスキンケアをこまめにしている人なら、スキンケアを怠けている人に比べると皮膚の生まれ変わり速度が速いので、日焼けのダメージも排出されやすく、シミとなって現れるのに年数を稼ぐことが出来るので、40代以降からシミが出始めるということもあります。

 

しかし、若い時から無防備に日焼けを繰り返してきて、なおかつ、スキンケアも怠け放題でお肌に特に気を使ってこなかった場合は、皮膚の生まれ変わり速度はグンと遅くなり、メラニン色素がどんどん溜まっていき、20代という若さでも老人性色素斑が出来るということも十分に考えられます。

 

 

出来てしまった老人性色素斑を化粧品で消す方法

 

老人性色素斑はシミの出来始めの時は、日焼けした時に赤くなりやすい頬骨の辺りに、数ミリくらいの大きさでうっすらと出てきます。そしてその後、数ミリだったのが数センチに少しずつ大きくなり、だんだんと色も濃くなって、ハッキリ目立つシミへと成長していきます。

 

この出来てしまったシミですが、うっすらと薄いシミの場合はまだ表皮の浅い場所にシミがあるので、美白化粧品で完全に消すことが出来ます。また、濃くなったシミで表皮の深い場所にできたシミも、日数は浅い場所のシミよりもかかってしまいますが、化粧をすれば分からなくなる程度まで薄くすることが出来ます。

 

 

シミに効果的な美白成分

 

シミが出始めたから美白化粧品を使おう!と思っても、ドラッグストアに行ってみれば色んな種類があり、どれを選べばよいのか実に迷います。

 

そこでお勧めの美白成分をご紹介します。それはズバリ、ビタミンC誘導体です。

 

美白成分が果たす役割は4つあります。

 

 

1.メラニン色素の生成を促す活性酸素を除去する
2.メラニン色素を作るよう指令を出す情報伝達物質を抑える
3.メラニン色素を作る酵素チロシナーゼを鎮静する
4.メラニン色素を薄くする

 

 

 

美白に関心のある人なら聞いたことのあるアルブチンやエラグ酸は、チロシナーゼを鎮静する働きをし、トラネキサム酸は情報伝達物質を抑える働きをします。このように、このほかにも色々な美白成分がありますが、そのほとんどが果たす役割は一つです。

 

ところが、ビタミンC誘導体は、活性酸素を除去する・チロシナーゼを鎮静する・メラニン色素を薄くするの、3つもの働きを持つ美白成分なのです。

 

特に、出来てしまったメラニン色素を薄くする働きはビタミンC誘導体にしかないことも考えると、「出来たシミをどうにかしたい!」という方にお勧めの美白成分は、ズバリ、ビタミンC誘導体ということになります。

 

あともう一つ有効なのが、ハイドロキノンです。これは効き目が非常に強いため、副作用の件も考慮して、本来は皮膚科で処方される外用薬にしか含まれていなかった成分です。

 

しかし、薬事法の改正により、濃度2%までなら市販の美白化粧品にも含めて良いことになりました。ハイドロキノンにはチロシナーゼを鎮静する働きと、沈着したメラニンの色を薄める働きがあるので、ハイドロキノンもシミを消すのに有効な成分だと言えます。

 

 

出来てしまった老人性色素斑を体の中から消す方法

 

シミを薄くするには、美白化粧品を使って外側からシミにアプローチする方法と、シミを薄くする効果のある食べ物を積極的に摂取して、体の内側からシミにアプローチする方法があります。

 

体の内側からシミをケアするのに有効な成分は、ビタミンCとLシステインです。どちらも、メラニン色素が出来るのを抑制する働きや、できたシミを薄くする狙いがあります。

 

 

有効成分@ ビタミンC

 

ビタミンCを多く含む食べ物は、野菜ならプリカ・パセリ・芽キャベツ・ピーマン・ブロッコリー・カリフラワーなどで、果物では、アセロラ・柿・キウイ・いちご・レモンなどです。

 

ビタミンCにはシミを薄くする効果だけではなく、活性酸素の抑制・免疫力のアップ・胃がん予防・抗酸化作用など、様々な働きをします。生きていくために必要な役割から優先的に摂取したビタミンCが使われるため、美容目的でビタミンCを摂りたいのであれば、1日約2000r程度が必要量となります。

 

 

有効成分? Lシステイン

 

Lシステインはアミノ酸の一種です。Lシステインを含む食べ物はあるにはありますが、含まれる量は本当にごくわずか。

 

Lシステインはメチオニンという必須アミノ酸を元にして作られています。体内のメチオニンの量が増えれば、それがLシステインに変わるので、メチオニンを多く含む食品を取ることが、Lシステインを増やすことに繋がります。

 

Lシステインを多く含む食品は、鰹節・しらす干し・マグロの赤身・カツオ・マサバなどの魚、鶏・豚・牛の肉類、チーズや牛乳などの乳製品、小豆や油揚げなどの豆類などです。

 

Lシステインの1日の必要摂取量ですが、メチオニンと合わせて、1日あたりの摂取量は「体重1s×15r」が推奨量です。体重50sなら1日あたり750rとなり、普通にバランスの良い食事をしていれば推奨量を超えることはありません。

 

ビタミンCやLシステインどちらにも言えることですが、実際に自分が食べた食事でどのぐらいが摂取できているのか、過不足を数値化するのは難しいですよね。

 

サプリメントであればキッチリ数値化して飲むことが出来るので、1日の必要量を超えないようコントロールしながら飲めるサプリはお勧めの美白アイテムだと言えます。

 

 

老人性色素斑の予防法

 

老人性色素斑を予防するには、兎にも角にも日焼け対策が一番です。日焼けをするのは紫外線を浴びるから。
紫外線は真夏の日差しが強い時だけでなく、曇りの日でも、秋冬の寒い時でも降り注いでいます。

 

肌に日差しをジリジリと感じない分、日焼け対策を忘れがち、怠りがちになりますが、紫外線による害を少しでも溜め込まないためにも、季節を問わず、少しの時間でも外に出ることがあるのであれば、基礎化粧の時にしっかりと紫外線対策をしておきましょう。

 

紫外線対策をしてメラニン色素ができないような肌環境を整えた次は、紫外線によってダメージを受けた肌が新しい肌に順調に生まれ変われるように保湿をしっかりしましょう。

 

肌水分が失われると、肌の弾力やキメを維持するために必要なコラーゲンが不足します。コラーゲンはプルプルお肌を維持するために必要なだけでなく、新しい肌に生まれ変わるため(ターンオーバー)に必要な日数が長くなってしまいます。

 

ターンオーバーにかかる日数が長くなるということは、それだけ肌にメラニン色素がとどまる時間が長くなる=シミになりやすいということなので、肌の乾燥には気を付けてしっかりを保湿をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/01/24 10:51:24

妊娠中にできるシミ、妊娠性肝斑とは

 

妊娠してから数か月の間、つわりに苦しめられたり、安定期に入るまでは無理をしないように細心の注意を払って生活したり。

 

つわりも落ち着いて、妊娠も安定期に入ってこれから少し活動的に!と精神的にもホッと一息ついた時、今までは他の事に気を取られていて気付かなかったことにハッとすることがあります。

 

それが、そばかすのように顔に広がるボヤっとしたシミです。まだ30代前半で顔にシミなんてなかったはずなのに、気付けば両頬に辺りに広がるそばかすのようなシミ・・・。

 

シミには色々なタイプがあるのですが、両頬に広がる、一見そばかすのようにも見えるシミを肝斑と言います。

 

色は薄茶色で、鼻を中心に左右同じようにに一筆でサッと塗ったような感じのシミが広がります。妊娠中に出来る肝斑ということで、妊娠性肝斑と言うこともあります。

 

 

妊娠中に肝斑ができる原因

 

では、なぜ妊娠中にシミ(肝斑)が出来てしまうのでしょうか。

 

肝斑が出来る原因は具体的にコレだ!というのは分かっていないそうですが、肝斑が出来た人を追っていくと、女性ホルモンが関係していることが分かっています。

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。この2つの女性ホルモンが、月経終了から排卵日まではエストロゲンが優勢、排卵日から次の生理まではプロゲステロンが優勢というバランスを保つことで定期的に毎月生理がやってきます。

 

エストロゲンは別名「美人ホルモン」と呼ばれるぐらい、美肌に大きな影響を与えるホルモンです。生理が近づいてくるとニキビや吹き出物が出来やすくなるけども、生理が終わって次の排卵日までの間は肌の調子が良いということは多くの人が実感されていることだと思います。

 

これはエストロゲンが美肌を保つために作用するためで、生理終了後から次の排卵日までの間がダイエットに適した時期であるのも、同様の理由からです。

 

もう一つの女性ホルモンのプロゲステロンは別名「妊娠ホルモン」で、妊娠を成立させて継続させる為に作用するため、排卵日から急激に分泌量が増えます。

 

このプロゲステロンは、皮膚から出る皮脂の量を増やしたり、シミの原因となるメラニン色素の生成を増やすようにも作用するため、ニキビや吹き出物などのような肌トラブルを起こしたり、シミになりやすくなります。

 

ただし、プロゲステロンは妊娠が成立しなければ急激に分泌量が減るホルモンです。通常は排卵日から次の生理が始まるまでの14日間しか分泌されません。したがって、この14日間の間でシミができるということはありません。

 

では、なぜ肝斑(シミ)が出来るのか。それは、妊娠が成立し、妊娠を継続させるためにプロゲステロンが分泌され続ける場合です。プロゲステロンが出続けるということは、シミの原因となるメラニン色素が作られ続けるということなので、妊娠期間中はシミが出来やすくなるというわけです。

 

 

肝斑は妊娠中の人にだけ出来るというわけではありません。関係しているのが「プロゲステロンの分泌量が多い」ということなので、ピルを飲んで敢えてプロゲステロンの分泌量を増やしている人や、更年期障害でホルモン療法を受けているなどにも肝斑は現れやすいと言えます。

 

 

肝斑とシミの違い、見分け方

 

肝斑は女性ホルモンの分泌量の関係で出現するシミだということが分かりましたが、よく一般的に「シミ」に位置付けられているものとどう違うのでしょうか。

 

一般的によく言われている「顔にシミが!」という時のシミは、大抵の場合は老人性色素斑というシミで、頬の辺りに1p程度の丸くて茶色のシミのことを指します。

 

肝斑は両頬に左右対称に現れますが、老人性色素斑は左右対称ではありません。シミができる原因も異なり、肝斑は女性ホルモンのバランスの問題でしたが、老人性色素斑は肌が紫外線にさらされ過ぎたことが原因です。

 

このように肝斑と老人性色素斑は、シミが出来る原因も現れ方も異なりますが、一つ注意しなければいけないのが、肝斑に他のシミが混在していることがあるということです。

 

多いのが、肝斑と老人性色素斑の混在です。肝斑はプロゲステロンの分泌量と関係があり、紫外線は直接関係はしていませんが、過去に浴びてきた紫外線の関係で現れた老人性色素斑のシミの下に、肝斑が存在していることもあります。

 

また、摩擦や何らかの炎症によって出来る炎症性色素沈着のシミと、肝斑が混在していることもあります。

 

肝斑とその他のシミの治療法は異なりますので、きちんとシミを治したい場合には、皮膚科で何で出来たシミなのかを判断してもらうことは、正しくシミを消すためには欠かせません。

 

 

肝斑を薄くする方法

 

肝斑のシミを薄くするには、まずはそのシミが純粋に肝斑なのか、他のシミが混ざっていないのか、シミの種類を正しく判断することが重要です。

 

例えば、老人性色素斑の下に肝斑が隠れているタイプの場合、そうとは思わずにレーザー治療で老人性色素斑を消したところ、その下に実は肝斑があり、レーザーを浴びた肝斑が逆に濃く消えにくくなってしまった。ということもあります。

 

本来なら、先に肝斑症状を軽減しておいてから、後から老人性色素斑をレーザーで治療をします。

 

肝斑は、シミの中でも「治りにくいシミ」と言われています。

 

にも関わらず治療手順を間違えて、「治りにくいシミが更に治りにくくなった」ということにならない為にも、自分の顔に出ているシミがどの種類なのかを正しく判断してもらいましょう。

 

そして、実際に皮膚科で肝斑を治療する場合の選択肢は以下の通りです。

 

  • トラネキサム酸の内服薬治療
  • ビタミンCの内服治療
  • ハイドロキノンの外用薬治療
  • ケミカルピーリング

 

 

肝斑の治療にはトラネキサム酸の内服がとても有効とされています。

 

メラニン色素を作り出すメラノサイトですが、通常は何の刺激も受けなければ糸巻きのような紡錘状をしていますが、何らかの刺激を受けた場合は、たくさんの手を伸ばしたような枝分れした状態に変化し、メラノサイトが活発化してメラニン色素を作り出します。

 

トラネキサム酸は、活発化して枝分かれした状態のメラノサイトを沈めるのに有効に働きます。メラニン色素の生産量の抑え込みに効果的に作用します。

 

 

次に有効なのが、ハイドロキノン外用薬です。とても効き目の強い外用薬で、一言で行ってしまうとシミを漂白してしまおうというもの。効き目が強いということは、副作用も強いということです。

 

刺激が強すぎて肌がピリピリ痛くなったり、肌が赤くなったり、稀に白斑が出来たりする場合も。

 

薬事法が改正されて、ハイドロキノンを市販品にも使えるように緩和されましたが、市販品は濃度2%未満と決められています。医療機関で処方されるものは4〜5%と、市販品を比べると高濃度です。刺激が強いので、医師の経過観察の元、ハイドロキノン外用薬を使うことになります。

 

特に、妊娠中の場合、皮膚から血管を通して体内に吸収されて、それが赤ちゃんに影響を及ぼさないのか気になるところです。ずっと使い続けるものではないので大丈夫だと言われても、心配しながら使うのは精神衛生上よくありません。

 

次にケミカルピーリングですが、これは古い角質をピーリング剤を用いて剥がし、その剥がれた皮膚を早く再生しようと新しい皮膚を作るために細胞を活性化させる治療法です。ターンオーバーを促進させることで、早くシミを排出する効果が期待できますが、ピーリング剤が刺激が強いため、妊娠中は肌が荒れやすいことや、ピーリング剤の経皮作用も気がかりなのでお勧め出来ません。

 

妊娠中にできる肝斑対策とは

 

妊娠中は出来るだけ不必要な薬の服用や使用は避けたいものなので、妊娠中に出来る肝斑のケアとしては、

 

ビタミンCを服用してシミを予防する

 

ビタミンCには、紫外線を浴びて皮膚内で増える活性酸素を抑制する効果があります。肝斑は女性ホルモンの影響でできるシミですが、そこに紫外線を浴びてメラニン色素が沈着して肝斑が濃くならないようにしなければいけません。

 

また、ビタミンCは風邪予防などの免疫効果も高めてくれるので、妊婦さんにとっては美肌面や健康面において欠かせない栄養素です。積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

紫外線対策をしてシミを濃くしない、増やさない

 

肝斑が出来ている部分は、すでにそこにメラニン色素が存在しているため、紫外線の影響にとても敏感になっています。

 

紫外線はほんの少し浴びただけでもメラニン色素を作り出してしまうので、ちょっとそこまでというような、わずか数分の外出であっても普段からUV対策は忘れないようにしましょう。

 

 

妊婦でも安心して使える低濃度のハイドロキノン美白剤を使う

 

病院で処方されるハイドロキノン外用薬は高濃度の為、長期の使用には不安が残ります。食べて体内に取り込むことが一番お腹の赤ちゃんに影響がありますが、皮膚から体内に取り込まれる影響も考えなくてはいけません。

 

市販品に濃度2%までの低濃度ハイドロキノン美白剤が色々出ています。その色々ある中で、妊婦が安心して使えるドクターズコスメを選びましょう。ドクターズコスメに使われているハイドロキノンは、より変質しにくい安定した新しい物が使われています。

 

同じ2%含有であっても、より安定したハイドロキノンの方が安心ですよね。

 

このように妊娠中であってもシミ対策の選択肢はあります。シミを広げない・目立たせないという守りのケアを心掛けましょう。

 

出産後はプロゲステロンの分泌量が激減するので、放置していてもシミが薄くなる人もいます。守りのケアをしていても、産後しばらく経ってもシミがどうしても気になるという場合は、授乳期が終わってから、皮膚科でトラネキサム酸の内服薬とハイドロキノン外用薬を処方してもらうと良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2017/01/23 14:39:23

どの年代の女性にも共通する顔肌の悩みがあります

 

10代や20代の時はニキビや毛穴の黒ずみなどで悩み、30代になった頃から気が付けば現れていたシミに悩み、そして40代を過ぎてからはシワやたるみの悩みも重なり…。

 

というように、年代別で抱える顔肌の悩みは違ってくるのですが、どの年代でも共通する顔肌の悩みが「シミ」です。

 

小さなシミであればメイクで隠すこともできますが、色濃く大きく育ったシミになると、メイクで隠すにはメイクの腕が必要になってきます。また、長年を要して出現したシミを美白アイテムで消すにしても、それなりの根気が必要になります。

 

すでに出来ているシミは今以上育てないように、また、新しいシミを生み出さないように、シミができる原因を正しく理解して、シミ予防に努めましょう。

 

どうしてシミが出来るの?そのメカニズムとは

 

メイクの時に毎日鏡を見ているはずなのに、気付いたらシミが顔に出来てた!なんてことありますよね。「そう言えば、あの時のアレが〜」なんて言うように、シミは短期間の間で出来るものではありません。

 

様々な原因で、何か月も、何年もというような長い年月を経て、目に見えない場所で少しずつ少しずつシミは出来上がっていくのです。

 

シミが見える場所は、一番外側の皮膚「表皮」になります。この表皮ですが、皮膚の一番外側から「角層・顆粒層・有棘層・基底層」の4構造で構成されています。

 

そして、表皮の一番奥の部分「基底層」には、メラノサイトと呼ばれる場所があり、そこでメラニン色素というものが作られています。

 

メラニン色素とは、私たちが紫外線を浴びた時に、私たちの体を紫外線の害から守ってくれる存在。メラニン色素は基底層でしっかりと仕事を果たしてくれた後、約28日間かけて表皮の一番奥にある基底層から、表皮の一番手前にある角層に、
基底層で新しく誕生した細胞に押し上げられて無くなります。

 

この細胞が誕生して入れ替わる一連の流れをターンオーバーと呼びます。

 

ターンオーバーは平均して約28日間と言われていますが、それは若い時の平均日数。歳を重ねるにつれ、ターンオーバーは年齢+約10日以上の日数がかかるようになります。日数がかかるという事は、メラニン色素が角層まで上がってきて、新しい皮膚に生まれ変わるまでに時間を要するということ。

 

そんな中で、必要以上に紫外線を浴び過ぎた時、メラノサイトは「どんどんメラニン色素を作り出せ!」と指令を出します。
私たちの体を守るべく、どんどんメラニン色素が作り出されるのですが、お役目御免となったメラニン色素が角層まで押し上げられるのに時間がかかる。だけども、メラノサイトはフル稼働でメラニン色素を作り続ける。

 

角層への排出が間に合わないのに、メラニン色素は生まれ続ける。排出待ちのメラニン色素が渋滞を起こして皮膚表面にとどまってしまう。

 

これがシミになるメカニズムなのです。

 

 

シミが出来る原因はメラニン色素だけではない

 

シミが出来る原因の多くは、増えすぎてしまったメラニン色素の沈着ですが、実はこれだけではありません。

 

紫外線UVBによる細胞の破壊

 

紫外線にはUVAとUVBの2波があります。UVAは波長が長く、表皮の奥にある真皮まで届きます。そして、真皮に存在する肌のハリツヤを保つコラーゲンにダメージを与え、それがシワやたるみの原因となります。

 

UVBはUVAと比較すると波長が短く、表皮までしか届かないのですが、皮膚表面の細胞にダメージを与え、細胞のDNAに傷が付いてしまいます。DNAを傷付けられた細胞は正常な機能を果たさなくなり、紫外線を浴びていない時にも「メラニンをどんどん作って!」と、メラノサイトを暴走させてしまいます。

 

その結果、メラニン色素が過剰に作り出されることになり、排出が間に合わずにシミとして蓄積されていくのです。

 

活性酸素による細胞のサビつき

 

リンゴやバナナは皮をむいたまま放置すると酸素に触れて茶色に変色しますよね。これと同じことが私たちの体の中でも起こります。

 

実際に私達の体が茶色に変色するわけではありませんが、イメージとして「細胞を茶色くサビさせるモノ」が、私たちの体の中で発生します。それが、活性酸素と呼ばれているものです。

 

活性酸素と聞けば、体に悪いもの!と思いがちですが、実はメラニン色素と同じように、私達の体を守るために、自分自身の体内で作り出されているもの。酸の力で体外から侵入した細菌たちをサビさせて、細菌の害から身を守ってくれるのです。

 

ところが、様々な理由で活性酸素が体内に増えすぎてしまうと、外敵だけを攻撃するだけにとどまらず、自分自身の細胞をも攻撃してしまうのです。細胞が破壊されるということは、老化が進むということ。肌であればシミやしわなどとして表に現れ、細胞レベルであれば正常な細胞がガン細胞として変異することもあります。

 

活性酸素は日々の暮らしの乱れに大きく左右されます。紫外線ケアの不足・睡眠不足・喫煙・飲酒・ストレス・加工品ばかりの食事や不摂生な食生活などで活性酸素は増え続けます。

 

活性酸素を大量の体内に抱え込むことは、身体の健康にも肌の健康にも決して良いことではないので、日々の暮らしを見直すと共に、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のある物を食べるなどの対策が必要となります。

 

 

過剰なスキンケアによる摩擦

 

シミは、スキンケアの不足(紫外線対策の怠り・手抜きの肌ケアなど)で出来やすくなりますが、スキンケアのやり過ぎも実は原因の一つです。

 

  • 洗顔の時に「泡で優しく」ではなく、ゴシゴシ洗っている
  • 拭き取り用クレンジングで肌をこするようにメイクを落としている
  • シャワーを直接顔に当てて流している
  • マッサージが良いと聞いて、強い力で時間をかけてマッサージしている
  • 美白美容液などをシミの部分に一生懸命塗り込んでいる
  • リキッドファンデーションのムラが気になり、何度も指が肌を往復する

 

このように肌に摩擦が加わるようなスキンケアをすると、肌で小さな炎症が繰り返されてシミになります。スキンケアは間違ったやり方をすると、余計に肌に負担をかけてしまうことになるので要注意です。

 

冷えによる血行不良

 

「冷える場所と言えばどこ?」と聞かれた時に、真っ先に思い浮かぶのが手足ではないでしょうか。手足などの末端は、心臓から一番遠く離れているので確かに冷えやすいです。実感しにくいかもしれませんが、実は顔の頬部分にも冷えは生じています。

 

顔の表皮には毛細血管が張り巡らされていて、血液の流れと一緒に酸素や栄養分が運ばれてきます。それと同時に、不要な二酸化炭素や老廃物を排出して新陳代謝が行われるのですが、冷えで血行が悪くなると、必要な酸素や栄養分がなかなか届かないだけでなく、不要な二酸化炭素や老廃物も回収してもらえずに蓄積していきます。

 

これが肌の老化を引き起こし、シミやしわ、たるみの原因となります。

 

現代社会において、冷えは寒い時期だけの問題ではなくなっています。夏場でも、エアコンの効いた環境に長時間いるという状態の人が多く、冷えは季節を問わず私たちの身近にある問題になっています。

 

女性ホルモンの乱れ

 

女性ホルモンと肌トラブルは、いつの時でも密接な関係にあります。

 

生理前になると顔にニキビや吹き出物が出やすくなったりしますよね。これは女性ホルモンのバランスが乱れることで、皮脂が分泌されやすくなるため。10代の頃と比べて分泌される皮脂量は加齢と共に減少するはずなのに、大人になってもニキビの悩みから解放されないのは、女性ホルモンの乱れが影響しているのです。

 

女性ホルモンのバランスが乱れるといえば、妊娠中や更年期もそうですね。また、子宮内膜症などの治療でピルを服用している場合もそれに当たります。

 

シミといっても種類は色々

 

シミは出来る場所や原因によってタイプが異なります。自分のシミがどのタイプのシミなのか、これを正しく把握することがシミケアの最初の一歩になります。

 

老人性色素斑

シミの中で最も多くみられるタイプで、頬の高い部分にハッキリと大きく見える丸いシミです。これは長年の紫外線ケア不足が原因で、メラミン色素が頑固に蓄積されたものです。

 

肝斑

肝斑は、両側の頬骨に沿って左右同じように現れるシミで、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こります。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、頬や顎に出来たニキビの跡が茶色くシミになったり、肌に摩擦力がかかることで表皮に炎症が起きて茶色いシミができます。

 

虫刺されを掻きむしったり、アトピーの人が掻き過ぎたりした跡が茶色く残るのと同じです。

 

脂漏性角化症

イボのように盛り上がったシミで、老人性色素斑と同様に紫外線対策の不足が原因です。

 

そばかす

小さなシミが鼻を中心に散らばるように出るシミで、主に10代に多く見られ、原因は遺伝です。

 

 

シミの原因を正しく理解することがシミ対策の第1歩

 

シミの中には遺伝性のものもありますが、多くは紫外線のケア不足や、その他日常生活の誤った習慣で起こるものが大半を占めています。

 

若い時は少々無謀に日焼けをしてしまっても、すぐには肌に現れてこないのでケアを怠りがちですが、その無防備さのツケは必ず年数を経てやってきます。

 

年数をかけて出来上がったシミを美白化粧品で消そうとするなら、シミが出来るのにかかったのと同じだけの年月をかけてケアするぐらいの根気がいります。

 

今シミがある人は、今以上新しいシミを増やさないために、今シミがなくて安心している人も、この先もシミを作らないために、シミが出来る原因を正しく理解して、シミを作らないよう日頃の誤った習慣を見直す必要があります。

 

紫外線ケアをサボっている人は、しっかりUVケアを。夜型で睡眠不足の人は、早く寝て最低6時間以上は寝るように。ストレスが溜まっている人は、楽しいことでストレス発散を。手のひらでゴシゴシ洗顔している人は、泡でそっと優しく。冷え性の人は、季節を問わずしっかり湯船に浸かるように。

 

このように、見直しが簡単に出来るものを今日から早速始めましょう。

続きを読む≫ 2017/01/23 07:09:23